あんたはえらい.com

お問い合わせ

NEWS

働く人が学習するということ

NEWS

働く人が学習するということは、その人その人によって勉強に仕方は変わってくると思います。学校の延長のような仕方もあり、仕事そのものが勉強であることもあります。また、ひとつの技術をマスターして、資格をとっておくこともそのひとつになります。
 
 最初に、自分を自分で教育して伸びていこうという決意ができたら、なによりも先に「学ぶ」ということの意味、価値をはっきり知ることが重要です。
 
 ところで、一見かんたんなことでも基礎になる知識が必要です。私たちは、自分の職場や生活を見渡しますと、数限りなく、知識の必要にせまられるわけです。自分のための専門学みたいなものをつくっていかなければなりません。それには、上役や先輩の指導などを、面倒がったり、うるさがったりしないで、素直にうけいれることが大切です。
 
職場や社会にうまく順応していくために、知識というものが、どんなに大切であるか、また、これを学ぶことがどのように有利であるかということを十分認識することです。この認識があるときは、誰しも素直な心で、仕事をおぼえたり、勉強したりする気になるものです。
 
“学ぶ”尊さを本当に自覚したならば、どれだけその人の成長に役立つか、はかり知れないのではないでしょうか。